振り返りタロット〜やる気と2極性の一日〜

タロット

どうも、杯です。

タロットを使って一日を振り返りアウトプットをすることで、タロットの実用性や確度を高めるという手法を学んだのでアウトプットしていきます。

カードは三枚引きで、午前、午後、夜とします

今回引いたカードはこちら

 

左から順に午前、午後、夜です。

 

午前はワンドのクイーン正位置

しっかりとお客さんに声をかけつつ、提案などをしていけたことと、他の女性陣を引っ張っていくような動きができていたというのが現れているようにみえます。

 

午後は女司祭の逆位置

午前から引き続き提案等をするもののなかなか、成果が現れなかった。NOの回答が多かったというところで逆位置として出ています。

それによりやる気が削げていることも示唆されていますね。

夜はワンドの8正位置

仕事も終わり、やりたい事、滞っていた事に手を付けて進捗が大幅に進んだというところでしょう。

たくさんの事をやりくりして、すべてがいい方向に進んでいるというのがこのカードから読み取ることが出来ました。

 

一日を通してみると、やる気自体はあるものの、なかなか成果につながらなかったところで、気持ちの疲弊というのが見えます。

また女司祭の逆位置は仕事としては「ストレスのたまる職場」というのも意味としてあるので、やはり思ったような成果が出ずストレスがたまり、やる気が削げたと取れるようです。

ただ、自分の行動ややる気の方向性自体は間違っていないようなのでこのまま突き進んで行くのが良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました